忍者ブログ

ゆかちぃのよわし日記

グリーンと加瀬

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

グリーンと加瀬

かつては出資法に則って、利息制限法の定めを超える利率での貸付が日常茶飯事でした。利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。
現代では金利が利息制限法の上限を超えていると法律違反です。

よって、お金を借りるをグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行なうと余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかも知れません。それが過払い金請求です。

このごろは聴かれなくなりましたが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。
家族には内緒したまま自己破産

債務が残っている借入先について、計算上過払い金が発生していると思われる時に効果が出るやりかたです。
それと、過払い金部分についてですが、特定調停時に過払い金請求を盛り込むことはできませんので、日を改めて過払い金請求をする必要があるんですね。
一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、全ての債務を返済しおわってからとなります。借金の整理の手つづきは、ご自身でもできます。とはいえ、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。


債務整理に必要な全ての書類を集めたり、実際の手つづきで長期間拘束されることになると思います。こうしたことを踏まえると、債務整理には弁護士や司法書士に手つづきを頼むのが成功しやすいと言えるでしょう。



知識も経験も豊富な弁護士であれば、早々に解決してくれるでしょう。

覚えておいてほしいのですが、きちんと借金の整理を完了したとしても、ある程度の時間が経たないと、金融機関の提供するサービスに申し込んだり、利用することに制限がかかります。

なぜなら、債務整理をしたことは信用情報機関に登録されるので、5年から10年は新規でクレジットカードの申請をしたり、大手の金融機関から融資を受けたり、ローンを組むことはできなくなります。

債務整理で残った債務を無事に完済し終えても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用や金融機関のローンの審査に受かることは簡単にはできなくなります。それというのも、債務整理者は金融事故歴があると信用情報機関に残ってしまうためです。
この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

P R